宮崎市立宮崎北中学校で匠の技ジュニア体験教室が開催されました。

1
平成29年2月2日(木)、宮崎市立宮崎北中学校で匠の技ジュニア体験教室が開催されました。参加技能士は、畳、板金、フラワー装飾、建築大工の4職種です。畳では、畳の縁を太い針を使って縫い付けした矩形工芸畳を作りました。皆さん、畳に縁を縫い付ける作業に苦労されましたが、最後まで諦めずに頑張って完成させました。
2
板金では、表札を作りました。パソコンで参加者の名前を印刷し、これをバックカーボンで銅板に転写し、銅板に凹凸をつけるヘラ出し作業をします。この作業は結構力がいるので、手が痛くなりますが、ここでの作業が上手くできるかどうかできれいな作品に仕上がるかどうかが決まります。皆さん、講師のお手伝いをしていただきながら立派な表札を作りました。世界中に一つしか無い作品です。
3
フラワー装飾では、オンシジューム、カーネーション、バラ、スイートピー、フリージャ、レザーファン等の花材を使ってのフラワーアレンジです。とても美しい作品ができました。皆さん、満足でした。
4
最後に、講師の中村チドリさんの講話です。1月1日の元旦、3月3日の雛祭、5月5日のこどもの日、7月7日の七夕、ここまではわかりますが、それでは9月9日は?と問いかけられました。奇数月の奇数日です。9月9日は重陽と言って、菊を飾るのだそうです。この5つを5節句といって、花飾りをするのが日本の伝統的な文化です、ということを教えていただきました。大変貴重なお話を聞かせていただき、勉強になりました。
5
建築大工では本立て作りです。しかも、この本立て、単なる本立てではなくてスライド式です。本が次々と増えてもスライドさせて多くの本を立てられるので大変便利です。中学生ならではの作品で、小学校ではスライド式の物は作りません。

カテゴリー: 事務局連絡 | コメントは受け付けていません。

椎葉村立松尾小学校で匠の技ジュニア体験教室が開催されました。

1
平成28年11月2日(水)、椎葉村立松尾小学校で技匠の技ジュニア体験教室が開催されました。
この日は、フラワー装飾技能士によるフラワーアレンジが行なわれるのに合わせて、児童と祖父母との交流の場でもありました。
本日の講師は、青柳心子さんと丸鶴順子さんでした。
2
児童たちは、吸水ファームにガーベラ、バラ、カスミソウなどをアレンジする作業を祖父母とともに楽しそうに行いました。2時間ほど作業をして完成ですが、大変きれいな作品が出来上がりました。世界に一つしかない作品です!
3
最後に、完成した作品を持って参加者全員で祈念写真を撮りました。みなさん、最後まで良く頑張りましたよ!

カテゴリー: 事務局連絡 | コメントは受け付けていません。

小林市立細野小学校で匠の技ジュニア体験教室が開催されました。

1
平成29年1月17日(火)、小林市立細野小学校で匠の技ジュニア体験教室が開催されました。
この学校では、造園、板金、公告美術、建築大工、表装の技能士が講師として指導にあたりました。
造園では、ミニ造景つくりをしました。好みの石、流木、小花木を配置し、白い砂利やこけを敷き詰めました。
2
板金では、表札づくりをしました。作業工程が多いので完成まで2時間ほどかかります。こうして最後に板の台に打ち付けて完成ですが、見応えの有る表札ができるのでどの学校でも希望者が多いようです。学校の校長先生なども素晴らしい作品に驚いておられました。
3
公告美術では、ネームプレートを作りました。カッターを使って自分の名前をかっとしてプレートに貼り付けて造り上げます。バックの色彩を何色にするか戸惑いますが、きれいなネームプレートができました。
4
建築大工では、本立てづくりでした。金槌で釘を打つときに、よく釘が曲がってしまうので講師がドリルで穴をあけて、釘が打ちやすいようにしてくれました。
5
表装では、化粧箱を作りました。化粧箱セットを組み立てて、色紙に糊をつけて貼り付け、こうして仕上げていきます。

カテゴリー: 事務局連絡 | コメントは受け付けていません。

西都市立妻南小学校で匠の技ジュニア体験教室が開催されました。

1
平成29年1月11日(水)、西都市立妻南小学校で匠の技ジュニア体験教室が開催されました。
今回の指導に当たる講師は、印章彫刻、畳、園芸装飾、建築大工の技能士でした。
印章彫刻は、篆刻です。参加児童の名前を彫りました。小学生ですから下書きされた黒文字の名前の黒い部分を掘っていく作業です。
2
畳では、矩形工芸畳作りに挑戦です。畳に縁を付けるために、針で縫う箇所に印をつけて、こうやって縫って行くんですよ、という説明を聞きいて作業が始まります。
3
園芸装飾ではガーデニングに挑戦です。単なる寄せ植えではなくて、鉢の中にミニ庭園を造ります。ポイントは、4種類の苗を真ん中に配置するのではなくて、大きくなる苗を奥に3種類まとめて配置し、残りは少し離れた箇所に配置して少し空間を作ることです。この空間に白い砂利やコケなどを敷き詰めますが、この空間全部を砂利やこけで敷き詰めてしまわないことです。黒い土が見えないといつ水をかけるのかが分からないからです。
4
建築大工では、本立てづくりに挑戦です。のこや金槌を使っての作業は、普段使い慣れていないため皆さんが苦労するところです。道具の使い方が良い作品になるかどうかに影響します。

カテゴリー: 事務局連絡 | コメントは受け付けていません。

西都市立都於郡中学校で匠の技ジュニア体験教室が開催されました。

1
平成28年12月5日(月)、西都市立都於郡中学校で匠の技ジュニア体験教室が開催されました。
講師として参加した技能士は、印章彫刻、建築大工、左官、フラワー装飾、畳、塗装の6職種の技能士です。
印章彫刻では、参加した生徒の名前を彫る篆刻です。書かれた名前の文字を残して彫る(朱文)作業を行ないました。
2
建築大工では、スライド式の本立て作りでした。ここでは、のこと金槌の使い方を学びますが、この道具を使っての作業は、普段使ったことがないので講師の説明を聞きながら丁寧に作業を行ない、全員がきれいに完成させることができました。
3
こてを使っての作品作りをするのは左官です。こてを使って、下絵に好みの色づけをした砂を塗り、最後に下絵を取り除くと作品の絵が浮き出て完成です。
4
フラワー装飾では、動物マニアル系のフラワーアレンジに挑戦です。吸水ファームの中心へ材料を差し込む、一点集中の作品作りです。ピンポンマム(菊)に目、鼻等を付けるとパンダやうさぎの可愛い作品ができました。
5
畳では、矩形工芸畳を作ります。針と糸を使って畳の縁付け作業に苦労しますが、完成するとこんな立派な作品となりました。
6
塗装では、木製の小物入れ作りです。塗装しやすくするために、木製の木箱をサンドペーパーで磨きをかけて、好みの色で塗装していきました。

カテゴリー: 事務局連絡 | コメントは受け付けていません。

印章供養祭について

1
平成28年10月1日(土)、宮崎八幡宮において宮崎県印章業組合、宮崎県印章彫刻技能士会による印章供養祭が執り行われました。この日が「印章の日」となったのは、明治6年10月1日、明治政府が太政官布告により「署名と捺印を押す制度」を定めたことによります。この日、改名や社名変更等により不要となったハンコ、2,000本は、ご神前でお祓いを済ませました。
2
不要になったとは言え、象牙などで作られたハンコには長年お世話になった物、大事に使わせていただいた物です。これを焼却供養するという日本人の物を大事にする精神がここにもまだ残っていることに安堵し、これからも継承されることを祈念します。
3
神官さんの宣と奏上の中、ハンコはきれいに焼却され、この後宮崎八幡宮の裏手にある印章供養塚へ奉納されます。

カテゴリー: 事務局連絡 | コメントは受け付けていません。

新富町立富田中学校で匠の技技能体験教室が開催されました。

1
平成28年2月25日(木)、新富町立富田中学校で匠の技技能体験教室が開催されました。宮崎県技能士会連合会の印章彫刻、造園、板金、塗装、畳、公告美術、和裁、フラワー装飾の8職種の技能士会が参加して、1年生、111名に技能の指導を行ないました。
印章彫刻では、予め準備された名前の黒文字を残して彫る朱文での篆刻に挑戦していただきました。
2
完成後、講師が多少手を加えて、朱肉を付けて押印すると、このようにそれぞれの作品の文字が映し出されます。作業した生徒の努力の結晶です。
3
造園では、ミニ造景に挑戦していただきました。容器の中で、ミニ庭園を作っていくのです。同じような材料を使っても、個々人の好みや感性で趣の違った作品が出来上がります。それぞれ、見応えのある作品ができました。
5
板金では、銅版レリーフ、表札作りに挑戦です。この作業は、11もある工程で作業が進められます。まず、それぞれの名前を銅版に転写して、筋彫り、ヘラ出しへと進みます。竹ヘラを使っての作業は、このようにする、と平野講師が指導します。
6
およそ2時間ほどの作業を経て完成しました。どうですか、この作品、良くできてますし、きれいです。中学生ともなると皆さん器用で、上手に出来上がりました。
7
畳では、矩形工芸畳作りに挑戦です。針と糸を使って、畳の縁つけから作業が進められます。
8
普段使うことのない針、糸で縁を付けていく作業は手間がかかりますが、粘り強く作業をして完成するとこんなに立派なものが出来上がりました。
9
塗装では、木製の小物入れ作りとデザインローラーに挑戦です。塗装しやすくするために、木製の小箱をサンドペーパーで磨きをかけて、色づけしていきます。
10
デザインされたローラーに色を付け、紙の上を転がしていくと模様が映し出されていきますので、楽しみながらの作業です。。
11
公告美術では、切り絵に挑戦です。カッターを使って、人形の黒い線を残してカットしていく作業ですが、細かい作業で、カット終了までが大変な苦労です。
12
しかし、作業が終わって絵柄の着物に貼り付けられると見事な作品が出来上がります。この貼り付けられた瞬間が感動ですね。
13
和裁では、ティッシュケース作りに挑戦です。針と糸を使っての作業ですが、かなりの時間と労力が必要で、一つ一つ、コツコツと諦めずに忍耐強く作業することで良い作品が出来上がります。
14
出来上がりの作品です。挑戦された皆さん、納得の作品でした。
16
フラワー装飾では、動物マニアル系のフラワーアレンジに挑戦です。講師は、なんと本校OBの福岡直樹さんですから熱が入ります。吸水ファームの中心へと材料を差し込む、一点集中の作品づくりです。ピンポンマム(菊)に目、鼻を付けるとすごくかわいいパンダとなります。周りにバラ、ガーベラ、スプレーカーネーション、レザーファン、かすみ草を盛りつけて完成です。

カテゴリー: 事務局連絡 | コメントは受け付けていません。

国富町立本庄小学校で匠の技ジュニア体験教室が開催されました。

1
平成27年12月15日(火)、国富町立本庄小学校で匠の技体験教室が開催されました。今回は、宮崎県技能士会連合会の建築大工、園芸装飾、フラワー装飾、表彰、広告美術、洋裁、塗装、造園の8職種の技能士が派遣されました。5年生、6年生の136人が、それぞれ希望の職種の作品作りに挑戦です。
2
建築大工では、本立てづくりに挑戦していただきました。まずは、ノコでカットする部分を製図上から鉛筆で線を引き、それからノコと金槌を使って組み立てていきます。板のカットでは、勢い余って切ってはいけない部分まで切り落としてしまうこともありますので、注意が必要です。
3
園芸装飾では、コンテナガーデンづくりに挑戦していただきました。ガーデンシクラメン、レースラベンダー、ビオラの材料を使って、根鉢の中に、奥の方から大きくなる花を順に配置していきます。完成後は、長持ちさせるために管理の仕方などについて、技能士が説明してくれます。
4
フラワー装飾では、フラワーアレンジに挑戦していただきました。材料は、ストック、バラ、スプレーカーネーション、スプレー菊、マーガレット、デルフィニウム、ヒペリカム、レザーファンです。
5
それぞれの花材をどのように配置していくのか、また、はさみで花材をカットする時のカットの仕方など、順次技能士の説明を聞きながら作業を進めていきました。こんなに豪華なものができるとは、それは体験した人にしか味わえませんね。花の名前も覚えて、楽しい体験ですよ。
6
表装では、ティッシュケースづくりに挑戦していただきました。化粧紙に糊つけして貼っていく作業中、紙の裏に糊を付けるところを間違って表に付けて失敗したこともあります。慌てずに、慎重に作業することが求められます。まあ立派なティッシュケースが出来上がったと、大変得意げな表情の児童達でした。
7
広告美術では、ネームプレートづくりに挑戦していただきました。ここでは、カッターナイフを使っての作業が結構たいへんで、みんな苦労していました。しかし、いろんな模様した、自分だけのネームプレートが出来上がりました。大人になっても使えそうですね。大事に使ってもらえることでしょう。
8
洋裁では、小物入れづくりに挑戦していただきました。針を使っての作業。上手に縫うコツは、こうすることですよ!と洋裁技能士が手本を示してくれます。みんな、熱心に聞き入りました。その姿は、真剣そのものです。良い経験ですね。
9
塗装では、デザインローラを使って、ペイントすることに挑戦していただきました。児童には、おもしろさ、楽しさが体験できたと思います。
10
また、木製の小物入れに、刷毛を使って色づけすることも体験しました。
11
造園では、ミニ造景づくりに挑戦していただきました。容器の中に、石、流木、小木を配置して、小さなお庭を作ります。石や木にも顔があって、どの面をどのように配置するのか、流木をどう使うのか、個々人の個性が現れて面白い作品づくりです。最後は、コケを敷き詰め、白い小石を入れて完成です。後の手入れ、管理次第で何年も持ちますよ。自分が作った、どこにもないイッピンです。されば、「よし自分も将来は造園技能士に!」という人が育ってくれたらと願うところです。

カテゴリー: 事務局連絡 | コメントは受け付けていません。

延岡市立西小学校で匠の技ジュニア体験教室が開催されました

1
平成27年12月5日(土)、延岡市立西小学校(竹林二郎校長)で匠の技体験教室が開催されました。宮崎県技能士会連合会から印章彫刻、建築大工、家具、公告美術、洋裁、表装の6職種の技能士が講師として派遣されました。5年、6年の児童121名がそれぞれ希望の職種で、ものづくりに挑戦していただきました。印章彫刻では、白文による篆刻です。予め準備された各人の名前の文字を彫っていく作業です。
2
完成すると、自分が彫った文字がどんなものか、できばえがどうかも分かるように色紙に押印してもらえます。
3
建築大工では、本立てづくりに挑戦していただきました。板をカットする部分を鉛筆で線を引き、ノコを使って切りますが、この作業が慣れない児童には難しそうです。講師からノコはこのように使うものだと指導を受けて、作業を進めます。
5
家具では、踏台づくりに挑戦していただきました。県北の家具技能士が、児童向けの作品をイスにするか、踏み台にするか検討した結果、今回はじめての作品、踏台としました。
6
完成後は、自分が作った作品だと分かるように板上に名前やイニシヤルを書いて、その上を釘で穴をあけていました。
7
公告美術では、ネームプレートづくりです。予め準備された各人の名前を、カッターを使ってカットしていきます。
8
プレートのバックの柄や模様は、各人の好みで仕上げます。世界に一つしかない、自分だけの作品が出来上がります。
9
洋裁は、小物入れづくりです。針に糸を通して、玉結び、玉留め、返し縫いなど作業上の基本的なものを学びます。撥水性の生地ですから、雨が降っても大丈夫な小物入れができます。
12
表装では、ティッシュケースづくりです。箱を組み立てて、柄模様の紙にノリを付けて箱を化粧していきます。ティッシュを入れる下箱とふたになる上箱を化粧して出来上がりです。箱の組立等が良くないと、上箱と下箱がうまくはまらないことにもなりますので、作業は正確にまた慎重にしなければなりません。

カテゴリー: 事務局連絡 | コメントは受け付けていません。

西都市立都於郡中学校で匠の技ジュニア体験教室が開催されました。

2
平成27年12月3日(木)、西都市立都於郡中学校で匠の技体験教室が開催されました。宮崎県技能士会連合会の建築大工、園芸装飾、公告美術、和裁の技能士が講師として派遣されました。建築大工では、中学生ですからスライド式本立てづくりに挑戦していただきました。日頃、ノコや金槌を使う機会も少ない中、技能士の説明、指導を受けて最後まで仕上げました。うまく、スムーズにスライドできるのか、不安もありながらの体験でした。
3
園芸装飾では、コンテナガーデンに挑戦です。根鉢に、ガーデンシクラメン、レースラベンダー、ビオラ等をどのように配置して置くのか、土をどこまで入れるのか、児玉紀子講師の説明を聞いて作業をすすめます。
4
同じ材料を使っても、出来上がりの作品は、個々人の個性が出て違った物になります。
5
公告美術では、切り絵に挑戦です。カッターナイフでの作業がなかなかうまく行かずに手間がかかりますが、ここがきれいにカットされているかどうかで作品の善し悪しが決まります。丁寧さ、慎重さが要求されます。
7
着物の柄は赤や緑、紫などの中から選び、カットされた黒い線をかぶせてプレスすると完成です。
9
和裁では、がま口づくりに挑戦していただきました。袋縫いからがま口の金具を取り付けまで、所要時間が2時間余りでした。さて、いかほどのお金がこのがま口に入るのか、これからが楽しみですね。

カテゴリー: 事務局連絡 | コメントは受け付けていません。