平成25年度技能士大会

さる12月17日(火)、表彰・伝達式の後、宮崎県技能士会連合会関連の表彰者や会員の方々を主な対象として平成25年度技能士大会が開催されました。
今年の講師は、NPO法人まちづくりGIFT代表理事でいらっしゃる斎藤 潤一さんでした。
まだ34歳という若さで、アメリカのシリコンバレーのIT企業で製品開発責任者を経験し、帰国した後は内閣府の事業を行ったりと、輝かしい経歴の持ち主。
① 今回は、「商売繁盛 人材育成につながる 情報発信の方法」というテーマでご講演いただきました。

 

②年齢が倍くらいある方々相手の講演です。始まる前は若干緊張のご様子でしたが、話し始めるとこのとおり。素敵な笑顔ですね。

 

③講演を聴いてらっしゃる皆さん(^^)
それぞれ、組合の会長さんとか、会社の社長さんとか、議員さんとかが多数(^^)
皆さん、背中にさすがの風格が感じられます。

 

④時間が経つにつれ、話しにも熱を帯びてきました。

 

⑤斎藤さんは、普段の仕事の一つとして、日南市の飫肥杉を使ったデザイン商品である「Obisugi-Design」の海外展開プロジェクトを実行しておられます。
これ以外にも、「FAAVO宮崎」というサイトの中で、飫肥杉製品をアメリカに出展するための資金をネットを通じて募集する「クラウドファンディング」という試みも行っておられます。
みんなで応援したいですね(^^)/

 

⑥時間が過ぎるにつれ、斎藤さんと、聴いておられる方々の距離がどんどん縮まってきました。

 

⑦ここで、斎藤さん(^^)、皆さんに当日一番伝えたかったこと「知ってもらうことは、大事」を皆さんに体験してもらうためにやや大胆なことを(^^)

 

⑧「となりに座っている方に、3分間、自分を精一杯PRして、知ってもらってくださーい!」と。

 

⑨手には木琴?の棒みたいなものを握って、手元の楽器を「チーン!」「よーい どん!」。。。ちょっと私も緊張の瞬間でした。。

 

⑩あれ・・・みんな、思いっきりやってます。すごく積極的に、楽しそうに(^o^)ちょっと予想外でびっくりしました。

 

⑪当日いらっしゃっていただいた横田県議後藤県議もご覧のとおり(^^)

 

⑫二見県議は積極的に畳職種の松山さんの元へいらっしゃって、お話しをされていました。

 

⑬こんな感じです。会場全体が熱気に包まれて、すごく明るい空間になっていました。

 

⑭この時間が終わり、再び斎藤さんが、情報を発信し、「知ってもらう」ことの重要性や効果をおっしゃいます。

 

⑮ そして、本日のまとめ・・・・。

 

⑯と思いきや、「次は1分で、シンプルに伝えてくださーい!」と。しかも、今度は前後の方と(^^)

 

⑰ みんな、この行動力のかたまりのような斎藤さんに触発されたのでしょう。すごく充実した講演会だったように思います。この後の懇親会でも「知ってもらう・・・。」というフレーズが色んなところから聞こえてきました(^^)

 

⑱最後は前回の技能グランプリで県勢初の技能競技大会金メダルを獲得した吉田真由美さんが大会宣言!

今後のこの会がきっと成長するきっかけになるような、素晴らしい時間でした。

カテゴリー: 事務局連絡   パーマリンク

コメントは受け付けていません。