匠の技ジュニア体験教室が開催されました

1
平成271年11月15日(日)、都城市立沖水小学校で「沖水まつり」があり、この中で左官、フラワー装飾、室内園芸装飾の匠の技体験教室が開催されました。左官技能士の指導による体験教室では、30名の子ども達がこて絵の作品作成に挑戦しました。もう少しで12月を迎えることから、クリスマスツリーの下絵を選んで、こてで好みの色づけをしていきます。
2
子ども達が1時間半ほど奮闘していました。完成するとこのようなきれいな絵となりました。
3
フラワー装飾では、フラワーアレンジに挑戦です。花材は、ガーベラ、バラ、小菊、かすみ草などです。これらをドーム型になるように、吸水フォームに差し込んでいきます。
4
矢野講師の説明を聞いては作業、聞いては作業の繰り返し。1時間ほどで完成しました。吸水フォームには、あらかじめ水分が含まれていますが花を長持ちさせるためには、毎日水やりが大切だそうです。
5
室内園芸装飾では、3~4種類の材料を使ってのコンテナガーデンに挑戦です。鉢の中に植え込む花などの配置が決まったら、土を入れて行きます。
この時、土は鉢いっぱいにならないように、鉢より数センチ下までに土を入れます。これは、後日水をさす時のためで、ウオータースペースというそうです。
6
この後、好みの流木や石、コケ、小石を敷き詰めて完成です。お飾りとして、小さな貝殻も準備されていました。遊び心がありますね。

カテゴリー: 事務局連絡   パーマリンク

コメントは受け付けていません。