国富町立本庄小学校で匠の技ジュニア体験教室が開催されました。

1
平成27年12月15日(火)、国富町立本庄小学校で匠の技体験教室が開催されました。今回は、宮崎県技能士会連合会の建築大工、園芸装飾、フラワー装飾、表彰、広告美術、洋裁、塗装、造園の8職種の技能士が派遣されました。5年生、6年生の136人が、それぞれ希望の職種の作品作りに挑戦です。
2
建築大工では、本立てづくりに挑戦していただきました。まずは、ノコでカットする部分を製図上から鉛筆で線を引き、それからノコと金槌を使って組み立てていきます。板のカットでは、勢い余って切ってはいけない部分まで切り落としてしまうこともありますので、注意が必要です。
3
園芸装飾では、コンテナガーデンづくりに挑戦していただきました。ガーデンシクラメン、レースラベンダー、ビオラの材料を使って、根鉢の中に、奥の方から大きくなる花を順に配置していきます。完成後は、長持ちさせるために管理の仕方などについて、技能士が説明してくれます。
4
フラワー装飾では、フラワーアレンジに挑戦していただきました。材料は、ストック、バラ、スプレーカーネーション、スプレー菊、マーガレット、デルフィニウム、ヒペリカム、レザーファンです。
5
それぞれの花材をどのように配置していくのか、また、はさみで花材をカットする時のカットの仕方など、順次技能士の説明を聞きながら作業を進めていきました。こんなに豪華なものができるとは、それは体験した人にしか味わえませんね。花の名前も覚えて、楽しい体験ですよ。
6
表装では、ティッシュケースづくりに挑戦していただきました。化粧紙に糊つけして貼っていく作業中、紙の裏に糊を付けるところを間違って表に付けて失敗したこともあります。慌てずに、慎重に作業することが求められます。まあ立派なティッシュケースが出来上がったと、大変得意げな表情の児童達でした。
7
広告美術では、ネームプレートづくりに挑戦していただきました。ここでは、カッターナイフを使っての作業が結構たいへんで、みんな苦労していました。しかし、いろんな模様した、自分だけのネームプレートが出来上がりました。大人になっても使えそうですね。大事に使ってもらえることでしょう。
8
洋裁では、小物入れづくりに挑戦していただきました。針を使っての作業。上手に縫うコツは、こうすることですよ!と洋裁技能士が手本を示してくれます。みんな、熱心に聞き入りました。その姿は、真剣そのものです。良い経験ですね。
9
塗装では、デザインローラを使って、ペイントすることに挑戦していただきました。児童には、おもしろさ、楽しさが体験できたと思います。
10
また、木製の小物入れに、刷毛を使って色づけすることも体験しました。
11
造園では、ミニ造景づくりに挑戦していただきました。容器の中に、石、流木、小木を配置して、小さなお庭を作ります。石や木にも顔があって、どの面をどのように配置するのか、流木をどう使うのか、個々人の個性が現れて面白い作品づくりです。最後は、コケを敷き詰め、白い小石を入れて完成です。後の手入れ、管理次第で何年も持ちますよ。自分が作った、どこにもないイッピンです。されば、「よし自分も将来は造園技能士に!」という人が育ってくれたらと願うところです。

カテゴリー: 事務局連絡   パーマリンク

コメントは受け付けていません。