宮崎県技能士大会(花ふぶき一座 宮田若奈 さん)

11/21は表彰式の後、技能士会連合会のイベントとして「技能士大会」と「受賞者を囲む懇談会」も行われました。
「技能士大会」は毎年、講師をお招きして講演を行っています。
今年は、チンドンチーム「花ふぶき一座」の座長 宮田 若奈さんに講演を行っていただきました。
技能士の世界も後継者育成の問題や優秀な人材の海外流出等、さんざん危機が叫ばれていますが、チンドン屋さんの世界のそれはさらに深刻で、宮田さん自ら「絶滅危惧種です!!」というフレーズを何度もおっしゃってました。九州には現在、4チームしかないそうです。

 

そんな中、入場時からBGMと共にチンドン太鼓を叩きながら聴衆を多いに楽しませ、講演に入ると、情熱というよりはもはや熱情というレベルでご自身のチンドンに対する想いと、その行動力に会場の熱気もぐんぐん上がっていきました。

 

技能士さんの間でもすごぶる評判が良く、懇談会から参加された方の中には「聞きたかったのに!!」とおっしゃる方が何人もいらっしゃいました。

 

そして、後半部の懇談会では、ステージ上でチンドン芸を目一杯披露していただきました。ほぼ、ワンマンステージ。
その姿からホントに人を楽しませることが好きで好きでたまらない!というオーラがびしびし伝わってきます。

 

飛び入りで全技連マイスターもステージ上に。チンドンの腕もマイスター級・・・とはいかなかったみたいですが。

 

もう最初から最後まで技能士の方々とうち解けっぱなしでした。やっぱり職人さんの世界と色々共通項が多いんでしょうね。

 

技能士の世界もチンドンの世界もこれからもっともっと美しい花ふぶきが舞いますように。

カテゴリー: 事務局連絡   パーマリンク

コメントは受け付けていません。