技能検定(FRP防水)

①今回は、FRP防水という技能検定を通して、ビルの屋上、住宅のバルコニーや水槽などに使われている防水がどのように行われているかご紹介します。試験は屋内で行われるのですが、この日は大変暑く、午前中の時点で既に33度!おまけに風もない、厳しいコンディションでした。

 

②これが試験架台。ビルの屋上や、バルコニーを模したものです。

 

③これはガラス繊維です。これに樹脂を塗り重ね、防水層を作ります。船体の材質でもあります。

 

④このような角の部分などは、補強のため増し貼りをします。施工が難しい部分です。

 

⑤まず、このようにプライマーを塗って、

 

⑥次に、ガラス繊維を貼り付け、その上から樹脂を塗布します。

 

⑦このような道具を使って、施工します。年季がはいってますね(^_^)

 

⑧これが完成したところ。美しい仕上がりです。

 

⑨技能検定は限られた時間の中で行われます。受検される皆さん、まさしく真剣そのもので頑張ってらっしゃいました。

カテゴリー: 事務局連絡   パーマリンク

コメントは受け付けていません。