技能検定(左官)

今回は技能検定を通じて、左官の方々のお仕事をご紹介します。
②これは、「こて」と言われる左官特有の道具。絵になる光景。
作業工程や使う場所で大きさや形が異なります。

 

①これだけでまるで1つのデザインみたいです。

 

③左官の検定では、このように昔からある横断幕を掲げて行います。毎年この日このときのために、大事に保管してあります。

 

④これが、架台(下地塗りをしたもの)。この上に3つの行程を経て、完成させます。

 

⑤これが下地のアップ

 

⑥写真映りがいいので、もう1枚(^o^)

 

⑦試験が始まると、一斉にこてが動き始めます。昔ながらの建物の中で行われる風景は、まるで地中海かどこかのそれのようにも見えます。

 

⑧繊細な手つきで課題に取り組みます。

 

⑨第二行程の中塗りが終わるとこんな感じになります。このあと上塗りで仕上げます。

 

⑩乾燥時間を兼ねて、昼食休憩。しばしの休息です。

 

⑪この真っ白なものが仕上げ塗り用の石膏(せっこう)プラスターです。

 

⑫段々と完成に近づいてきます。

 

⑬並んで撮ると美しさが際だちます。

 

⑭日本古来からある技能の美しさの一端を見せていただきました。

「宮崎県技能士会連合会ホームページ」はこちら

カテゴリー: 事務局連絡   パーマリンク

コメントは受け付けていません。