ホーム > 造園 > 造園

造園

造園
庭に過ぎゆく人生(とき)を重ねる

本当にお届けしたいのは、技や知識ではなく、その奥にある日本人のDNAに感ずる心です。
施主さまのお庭に森羅万象を映しこみ、ともに時を歩んでいただけるものを一緒にはぐくみたい。
そのような想いで会員一同、日々研さんに励んでおります。
私たちは宮崎県造園技能士会です。
宮崎のたからもの

「都会は石の墓場です。人の住むところではありません。」
かの有名な彫刻家、ロダンの言葉です。
悠久の自然は、人々に限りない安らぎを与えてくれます。
宮崎の人がよく、「穏やかで」「のんびりしてる」などと表現されるのは、きっとほめ言葉です。
私たちは、このあまりに豊かな大自然に包まれて、いつの間にかずいぶん満足してしまっているのでしょう。
このゆったりとした感覚。都会にはないものなのかもしれません。
苦楽をともにするパートナー

とは、必ずしも恋人や家族だけとは限りません。
うれしいとき、悲しいとき、庭石や草木は皆様を優しく包んでくれます。
萌ゆる春の若葉。夏に勢いを増す緑。無常感ただよう秋の紅葉。わびさびを感じさせてくれる冬の枝。
晴れの日、雨の日それぞれに異なる色彩や香り。
全てがあなたの時間に寄り添う伴侶です。
自然のエッセンスをご自宅に

「施主さまの内面を理解し、お庭に表現する。」
私たちの仕事を一言で表すとこうなります。
豊富な知識、確かな技能、数多くの経験に裏打ちされた感覚。これらを総動員して、和風、洋風にかかわらずきっとご満足いただけるお庭をプロデュースいたします。
また、私たち宮崎県造園技能士会は組織力も大きな強みです。現代の名工、前田浩吉が会長を務め、役員には全技連マイスター5名がその名を連ね、傘下の会員数は200名をゆうに超えます。この組織力を活かして例えば、「近所の技能士さんに庭を見て欲しい。」「現代の
名工・全技連マイスターにうちの庭を造って欲しい。」といった多種多様なご要望にお応えできます。
そして、庭というものは、造ってからお付き合いが始まるものです。このことについても、施主さまに十分ご説明させていただいたうえ、季節に応じたお手入れや剪定等も手配またはご指導させていただきます。
お手入れや剪定については、よく言われる言葉で「無作為(むさくい)の中の作為(さくい)」「作為の中の無作為」というものがあります。
私たちプロフェッショナルは、庭の落ち葉なども一つの情景として捉え、残した方がよいものは残し、枝を切る際も自然の陽光がより美しく映えるようにと、バランスを考えながら切ります。
お庭とは、年輪を重ねその表情を変え続けるあなただけのアートなのです。
宮崎の自然を活かしたお庭づくり、どうぞ私どもにご相談ください。

(撮影ご協力:宮崎市O様邸 ※全技連マイスター西府静男 製作)

0985-51-020810:00~17:00

※電話でのお問い合わせの受付は平日のみとなっております
※ご連絡いただく際は「ホームページを見た。」等おっしゃってください。

詳細説明

造園技能士が行うお庭づくりに関しては、下記までお問い合わせください。
なお、お問い合わせの際は、「ホームページを見た。」等、本サイトをご覧になったことをお伝えください。


宮崎県造園技能士会事務局所在地 〒880-0917
宮崎県宮崎市城ヶ崎1丁目1-5
tel 0985-51-0208
代表者役職氏名 会長 前田浩吉 fax 0985-51-0209
e-mail kenzoukyou@izu.bbiq.jp

宮崎県造園技能士会 会員名簿はこちらから
※お問い合わせ等は平日(10:00~17:00)にお願い申し上げます。