ホーム > 塗装 > 塗装

塗装

塗装
美しく彩り、強く守る匠の技

夏の突き刺すような日差し、吹きつける台風の雨風、冬のカラカラに乾いた冷気・・・。
温暖で恵まれた気候と言われる宮崎ですが、建物の外側は常に過酷な自然環境にさらされています。
そんな建物をまるで母親のようにしっかりと守ってくれるのが、「建築塗装」です。
私ども、宮崎県塗装技能士会は、築き上げた「信用」と磨き上げられた確かな「技能」、そしてたゆまぬ「挑戦」できっと皆さま方のお役に立たせていただきます。
塗装の役割

家の材料に使われるコンクリートや木、金属はそのままだと劣化し、腐食してしまいます。
適切な塗装は建物を健全な状態に維持するためには欠かせないものです。
また、塗装には建物を美しく見せる効果があり、豊かな色彩、つややかな光沢、なめらかさ、立体的なテクスチャー仕上げなど、多様なニーズに対応しています。
最近ではこれに加えて、様々な技術革新により、例えば防カビ、結露防止、落書きや貼り紙防止用の塗料や、遮熱塗料などいろいろな役割を果たす塗料も開発されています。
たゆまぬ「技」への挑戦

私ども宮崎県塗装技能士会では、従来からある技法に磨きをかけつつも、新たに「デコラティブペインティング(現代美術塗装)」という芸術性の高い技法も得意としています。
これは、ブラシやスポンジやスプレー、その他専用の道具を使い分け、高度な技能を用いて塗り重ねる事により、芸術性の高い塗装を行うものです。
味気ない壁に写真のような木目調の塗装を施したり、大理石のような模様、また、エイジング仕上げといって例えば、月日を重ねた陶板のように、レンガのように、美しい石のようにといった非常に多種多様な表現が可能です。
このあらゆる分野で機械化が進んでいる時代においても、私どもの仕事は、そのほとんどが手作業によるものであり、「技能」と「知識」そして「感性」が全てです。

中でも特に「技能」は「カン」や「コツ」という言葉で言い表されるように、それこそまるで塗装の薄い皮膜を1枚1枚塗り重ねていくように、現場で経験し、試行錯誤する中で、少しずつ少しずつ身についていくものです。

決して、マニュアルだけで語れるような世界ではないのです。
私ども宮崎県塗装技能士会は、会員企業全社に難関の国家資格「技能検定」を取得した職員が中心メンバーとしております。

その確かな技能を裏付けとしながら、日々お客様にご満足いただけるような仕事を心がけています。

また、小中学校生へ技能の魅力を伝えるため、「ものづくり体験教室」に技能士を派遣したり、学校等に対して無料で塗装を行う等、社会奉仕活動にも積極的に参加しています。

塗装は塗り替えが必要

塗装は定期的な「塗り替え」が必要です。一般的に寿命の長い材料で10~15年、短いものだと3~5年が目安です。

ただ、「塗り替え」と言ってもそうそう気軽に出来るような金額ではありません。

また、何よりも安心して任せられる「信用」が必要です。

私どもは確かな技能、豊かな経験、優れた感性、そして何よりお客さまに「誠実さ」をモットーに対応いたします。どうぞ、お気軽にご連絡ください。

0985-47-367110:00~17:00

※電話でのお問い合わせの受付は平日のみとなっております
※ご連絡いただく際は「ホームページを見た。」等おっしゃってください。

詳細説明

塗装技能士が行うご自宅の外壁塗装などに関しては、下記までお問い合わせください。
なお、お問い合わせの際は、「ホームページを見た。」等、本サイトをご覧になったことをお伝えください。


宮崎県塗装技能士会事務局所在地 〒880-2112
宮崎県宮崎市小松1273(柴塗装(株) 内)
tel 0985-47-3671
代表者役職氏名 会長 朽木充嗣 fax 0985-47-4059
e-mail info@jpca0045.com

<関連サイト>一般社団法人日本塗装工業会宮崎県支部(宮崎県塗装技能士会)